引越し荷造り・梱包〜全部やってもらう どこまでやってくれる?値段いくら違う?

引越し荷づくり〜全部やってもらうプラン どこまでやってくれる?値段いくら違う?

引越しおまかせプランで全部やってもらう

 

 

引越し荷造り〜おまかせパックがラク。「引越しが疲れた」「大変すぎる」人も

 

 

引越し荷造りが大変すぎる人に朗報!
おまかせパックとは、引越しの荷造りに必要な段ボール箱やビニールひも、ガムテープなどの準備から、段ボールへの箱詰め食器や衣類、家電の荷造りまで全部、引越業者さんがやってくれるサービスのことですよ!


 

つまり、依頼人は何もしなくていいんです。
荷造りスタッフさんから質問や指示を依頼されたら、
それに答えるだけでいいんだと。

 

通称:「全部やってもらえるプラン」のことです。

 

・時間がないサラリーマンの転勤
・赤ちゃんがいて手が放せない夫婦
・ご高齢者の方
・「引越しが大変すぎる」「疲れた」「ラクに引越しを終えたい」人
がよく使います。

 

引越しおまかせパックの料金 差額は+4万円〜15万円

 

「でも、引越し業者に荷造りを全部おまかせすると高いんでしょう?」

 

荷物が多い4人家族の引越しだとプラス15万円くらいすることもあるけど、
1人暮らしや荷物が多くなければ4万円アップくらいで済むよ

 

「向こうは何人ものスタッフさんが来てやるんだよ。
あなた一人じゃ1週間かかるのを3時間ぐらいでやってくれるの。引越し自体が大変すぎたり、疲れた経験がある人も、よく使うよ」

 

「それに経験が多いから手慣れたもので、
梱包なんか簡単にやってくれるよ。
それを見てたら頼もしくなるよ」

 

 

最後に姉が、とにかく荷造り時間は今夜と明日しかないんだから
大勢で荷造りしてくれることを優先した方がいいんじゃないといった言葉、
引越し当日に強烈に実感しました。

 

 

ホント、おまかせパックにしてよかったです。
プロである引越し業者に全部やってもらえば、
単身だったら4、5万円くらいの差で、あんなに多くの荷物がわずかな時間で片付くんですから。

 

おまかせプラン料金表

いくらプラスか?例

積地・卸地どちらか
ハーフおまかせ

積地・卸地両方
全部おまかせ

アート +4万円 +7万円
サカイ +7.8万円 +15万円
ベスト引越 +2万円 +4万円
アリさん +8.8万円 +19万円
ガッツムービング +3万円 +6万円

 

格安引越業者だと、やってもらうプラン(梱包か開梱どちらかやってもらう)はプラス2、3万円で行けます。
アート引越はハーフおまかせ+4万円(梱包と開梱全部おまかせ+7万円)。
引越し荷造り・梱包〜全部やってもらう どこまでやってくれる?値段いくら違う?

 

引越し荷造り・梱包〜全部やってもらう どこまでやってくれる?値段いくら違う?

 

格安業者のベスト引越社はハーフ+2万円
引越し荷造り・梱包〜全部やってもらう どこまでやってくれる?値段いくら違う?

 

 

おまかせプランは、ハーフもおすすめです!積地だけ全部やってもらうプランにし、卸地のダンボール開けは後で自分でゆっくりやるのもおすすめです!


 

 

逆に、おまかせプランで値引きテクニック

 

引越し業者に全部やってもらうと金額が高くなるのが気になりますよね。

 

見積もりをいくつか取ると、おまかせプランにしても安い見積もりが出てきます(格安業者から特に)。
それをベースに交渉していくと、おまかせプラン付きでも安い見積もりを出してくれる業者がいくつか現れます。

 

引越しは定価はあることはあります。ですが、引越業者はその契約を取りたいかどうか?です。トータルでライバル業者より安い見積もりを提示し、契約を取ろうとしてくる業者がいくつか現れます。

 

ライバル社が11万円の見積もりを出していた時の見積もり。
引越し荷造り・梱包〜全部やってもらう どこまでやってくれる?値段いくら違う?
スペース料金、作業員料金の定価はありますが、最終的に、つじつまを合わせてネット割引95,000円を適用し、見積もり97,200円を提示してきました。

 

「インターネット割引」「学生割引」という名前を付けて、値引き(調整)してくれます。ライバル会社より少し安い金額を見せてくれるものなのです。

 

だから、おまかせパックをつけてもつけなくても料金に差がないことがあるので、必要ならおまかせパックをつけて見積もりを取ってみることもおすすめなのです!

 

引越し荷造り・梱包〜全部やってもらう どこまでやってくれる?値段いくら違う?

 

女性スタッフを指定

 

女性スタッフが2人来てくれました。
こちらから指定しました。これも姉のアドバイスです。

 

女性にしてよかった!

 

だって、ダンボールに入れるとはいえ、下着や衣類を男性の手で触れるのはちょっとイヤですよね。
それに、コスメ関係も女性の方がまとめ方や
どのように箱詰めしたら後で便利かとか分かってくれているので、
もし、おまかせプランで
スタッフさんの希望を聞いてもらえるなら女性をお願いした方がいいと思います。

 

女性を指定する分、料金がアップするところもありますが、
あとあと後悔したくないと思うのであれば女性指定をおススメします。

 

大きな家具、ベッド、冷蔵庫などは男性スタッフさんが運んでくれました。

 

 

普通の引越しのスタートは資材集めから

 

スタッフさんが作業しやすいようにと、
私は押し入れから荷物を取り出したり、
家具類の電源を抜いてコードをまとめたりしながら、
スタッフさんが女性という気安さから
いろいろお話をさせてもらいました。

 

私はおまかせプランをお願いしたんですが、
普通は段ボール箱やガムテープなどをそろえるところから引越しが始まるんだそうですね。

 

ダンボールの値引き

 

段ボール箱代が引越料金に組みこまれている業者あれば
段ボールを1箱単位で販売するところもあります。

 

新品の段ボールを売るのが普通なんですが、
前日までに引越して荷解きを終えた家の段ボールを回収して、
それを無料で提供することもあるんだそうで。

 

その目的は、直接には引越費用を値引きはできないけど、
本来有料の段ボール箱を無償提供して
その分実質的な値下げにすることで引越の受注を取ることなんだそうです。

 

私の引越しでも、引越し3日後に無料で段ボール回収をするからと
特別サービスのようにいって契約を迫っていたけど、
段ボール回収って、終えた人にもこれから引越する人にも
どちらにも使ってるんですね。

 

 

世の中、いろいろ考えてるんだなぁとすごく勉強になりました。

 

その時、ガスの検査の人が来ました。
ガスの配管と元栓検査です。

 

⇒ ⇒ 『ライフラインの使用停止と転居届け』 に移動する

 

 


TOPに戻る 急な引越し業者を見つける おまかせパック 女性単身引越し費用相場 盗聴器発見サービス