単身引越し費用の相場(女性1人暮らしの引越しをやりました)

単身引越しの費用相場(女性一人暮らしの引越しをやりました)

一人暮らしの引越し料金の相場は大体いくらでしょうか?
安い引っ越しをするために相場を知りたいわけですよね??

 

引越し業者の費用を比較する

単身引越し費用相場(女性1人暮らしの引越しをやりました)

 

私も5社の見積もりを受取った後、1番安い1社に決めるまでの短い時間でいろいろなサイトを見て調べました。どうも相場がはっきりしないことに気づきました。
1つの引越業者で調べても、同じ距離でも料金が違うし、同じ荷物量でも料金はバラバラ
安い引越しをするためにだいたいの目安でいいから知りたいものです。

 

 


1人住まいの引越し費用の概算・相場です。
いくらかかったか?大体の目安が分かります。

 

 

市内
近距離
(車で30分)

県内
近距離
車で1時間半

県外
長距離
1時間半〜

プチ引越 

10,800〜25,000円

19,900円〜30,000円

22,000円〜40,000円

普通の単身引越

19,400円〜30,000円

25,000円〜35,000円

45,000円〜80,000円

荷物多い

33,000円〜50,000円

45,000円〜10万円

80,000円〜30万円

※プチ引っ越しは荷物が少ないか、家具だけ
※3月、4月は約2倍

 

プチ引越 小

ベッド、小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、電子レンジ、炊飯器、衣装ケース3、段ボール10、カラーボックス2

普通引越 中

ベッド、小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、電子レンジ、炊飯器、衣装ケース5、ダンボール20、自転車

荷物多い引越 大

ベッド、小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、テレビ台、電子レンジ、炊飯器、ダイニングテーブル、椅子、一般家財、プリンター、デスクトップ、カーペット、カーテン、ソファー、風呂ふた、バイク

 

単身引越しは荷物が少なくて軽量です。引越業者の融通が利くのが1人暮らしの引越しなんです。
一方、戸建ての引越しのように家族の引越しだと、荷物、家具が多いです。トラック1台貸し切りになりますから融通が利きません。

 

単身者は1人ですし、時間は自由にできます。
引越し業者が単身者に「安くしますから」と言えば、単身者は時間変更に応じたりもします。
引越し業者としては、単身者2、3人分のコンテナをトラック1台に積めると組みやすいのです。

 

引越業者としても、「相乗り」にできれば最大限値引きしてもらえます。
単身者の金額相場は減額しやすいのです。

 

というわけで、単身の場合、「貴社の都合に合わせますから、最安値にしてくれますか?」と言って 値引きを引き出してみることをおすすめします。

 

 

もちろん、家族の引越しでもこういうテクニックを使って値引きはできます。
ただ、奥さんが引越し完了が夜遅くなるのは嫌だと言ったり、
小さいお子さんがいると荷物が片付くのが夜遅くなるのは難しいですよね。
引越しが遅くなってお母さんの機嫌が悪くなっても困りますしね。

 

 

アート引越センターは満杯でも日通は空いてるということもよくある。その場合、日通に頼めば安いわけです。この場合、アート引越センターに無理に頼むと、断られるか高い金額で請け負うことになります。
どこでもいいから安い引越屋に頼みたいですよね??

 

ファミリー引越センター

 

だから、引越しをする時はいくつかの引越業者から見積もりをもらって、
シミュレーション・比較検討することが重要です。平均的な費用・金額を知っておきましょう。

 

 

家族の引越し料金相場

 

家族の引越しはソファー、ベッド2台になることがあり、3トン、4トントラックになることが多いです。

 

市内
近距離

県内
近距離

県外
長距離

2人家族

6.6万〜8万

7.3万〜10.5万

11万〜20万

3人家族

8.1万〜9.3万

9.2万〜13.5万

17万〜30万

4人家族

9万〜11.8万円

11万〜13.5万

20万〜32万円

 

3人・4人家族→自転車2台、ベッド、ふとん、ソファー大があると引越し料金は高くなります。

 

 

安い単身パックの比較一覧表

 

単身者の引越しを安くできる単身パック!

 

引越会社が用意するコンテナに収まる荷物量の場合、単身パック(単身プラン)が使えます。
ベッドがあると、単身パックの利用が難しくなります。
厳密に言うと、日通の単身パックXですとベッドが運べるのですが、
長距離の引越しに限ります。
短距離の引越しの場合、単身パックXは使えないのです。

 

単身パックL、Sはベッドが運べません。ベッドがコンテナに入らない場合、通常の引越しプランになります。

 

引越し業者

単身サービス名

コンテナの大きさ

値段(税抜)

日通

単身パックS

108×74×155(1.3m3)

15,000円〜

単身パックL

108×104×175(1.97m3)

16,000円〜

単身パックX
(距離150km以上)

2.279m×1.649m×1.989m
(=7.47m3
※押入れ2間半

51,000円〜

ベッド運べる

※もう少し詳しい荷物量を見てみる

クロネコヤマト

単身引越サービスmini

1.04×1.04×1.3(1.04m3)

11,000円〜

単身引越サービス

1.04×1.04×1.7(1.83m3)

12,000円〜

サカイ引越

小口便引越サービス

(関西〜関東)

144×105×75(1.13m3)

44,000円〜

土日2割増

ハトのマーク

小鳩プチトラパック
(近距離、トラック1台借りてそのまま運ぶ)

小さいトラック1台
丸々借りる

11,000円〜
2BOX分で16,000円

小鳩パック
(長距離200km〜)

1.1×0.8×1.7(1.49m3)ダンボールM24箱分

22,000円〜

青春引越便
(長距離200km〜)
福山通運

1.1×1.1×1.9(2.3m3)
荷物多い場合

43,000円〜

三八五引越し

シングルパックM

80×110×150(1.3m3)

2万円(青森→東京)

シングルパックL

110×110×170
90×130×170(約2m3)

24,000円(青森→東京)

お手軽便

2tトラックと助手付距離15km以内

30,000円(冷蔵庫、洗濯機梱包はサービス)

カルガモ引越し

単身引越し子ガモプラン

1t車とドライバー
積み下ろしドライバーがやってくれる。できない時、手伝う

15,800円

※ランキングにしたかったのですが、人によって順位付けが変わるのでできませんでした。
東京〜大阪でしたら、サカイの小口便引越サービスは1位か2位です。
なぜなら、サカイは関東〜関西の引越しに力を入れているから、
荷物が少ない単身だったらついでに運べる単身者の荷物は安い値段で引き受けられるからです。

 

トラックのイラスト

 

東京〜青森、札幌でしたら三八五引越センター(さやご)が良いです。なぜなら、三八五引越は青森が本社で東北、札幌の引越しが強いからです。

 

というわけで、事情によって順位が変わるのでランキングはつけられません。比較だけしておきます。

 

 

単身パックで運べる荷物量は?

 

単身パックで運んでもらえる荷物量です。

 

単身サービス名

コンテナ、荷物量

日通・単身パックS

108×74×155(1.3m3)

冷蔵庫(2ドア・109リットル)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス3段×1個
姿見
布団
日通ダンボールMサイズ4個
ベッドが入らない

日通・単身パックL

108×104×175(1.97m3)
冷蔵庫(2ドア・109リットル)
洗濯機(4キログラム)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス3段×1
衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
姿見
布団
日通ダンボールMサイズ5個
ベッドが入らない

日通・単身パックX

2.279m×1.649m×1.989m
単身パックS,Lに入らなかったベッド、自転車が積める

 

ベッドを運べるのは単身パックXです。
単身パックのどのサイズで行けるかは、見積もりの際に引越会社が教えてくれます。

 

クロネコヤマト 単身引越し(ベッド有)ですと、引越単身サービス+家財宅急便(ベッド)を使うことになります。

 

この専用BOX(コンテナ)に積み切れれば良いのです。
単身引越し費用相場(女性1人暮らしの引越しをやりました)

 

 

専用BOX1個あたり○○円という料金体系になっているので、
荷物が多く専用BOXに収まり切らない場合は、
BOXを追加することも可能です。
コンテナ2個ですと値段も2倍になります。
その際は、単身BOXではなくトラック1台使う方が安いことが多いです。

 

 

ベッド、ソファーなど処分のやり方・費用はこちら

 

引越し業者のスケジュールを更に優先してあげる、オプションを減らして自分がやれるところは自分でやる
などして、値引き交渉をお願いしてみる余地はあります。

 

 

ベッドが単身パックを使えない原因になることがよくあるので、引越しをきっかけにベッドを処分する人も多いです。

 

 

一括見積もりの申し込み時、「ベッドがありますが、安いプラン(単身パック)で行けるとありがたいです。」と書いておくと良いです。
安いプランを提案してくれる業者が連絡をくれます。

 

 

荷物が少ない単身引越しならば、安く収まる単身パックを使えば十分

 

少量の荷物ならば、単身パックで行けます。

 

日通(日本通運)、クロネコヤマトの単身プランはコンテナ1個分いくらという料金体系なので、分かりやすいです。

 

サカイの小口便サービス(パンダロジスティクス)はコンテナはあるのですが、
他の大口のお客さんの荷物(コンテナ)と一緒に運ぶので、安く運べるわけです。

 

よく分からない場合は、見積もりを取る時に、荷物量を書き、備考欄に「安い単身パックみたいなのがあれば、それで行きたい」と書いておけば、引越し屋がしかるべく見積もりを出してくれます。

 

単身プラン同士を比較して、安い見積もりを選ぶのが良いです。

 

何社か見てみると、相場が分かってきます。相場が分かれば、値引き交渉の材料にもなりますから。

 

学生、会社員の転勤は単身パックで費用を抑える人が多いです。

 

 

安い引越業者教えます〜クロネコヤマト、日通は運送会社。アート、サカイは引越専門業者

 

クロネコヤマト、日通は運送会社です。宅急便、ペリカン便がメインです。
運送会社はコンテナに入れて荷物を運びます。この延長で引越サービスをやっています。だから、コンテナ単位で料金が決まります。

 

 

アート、サカイ、アリさんマーク、ファミリー引越センターなどは引越専門業者です。
引越専門業者は、トラック単位で料金が決まります。

 

 

だから、コンテナに収まる単位ならばクロネコヤマトか日通の単身サービスが安いです。
逆に、コンテナ1つ以上の荷物量→ベッド、自転車、バイク、仏壇、金魚、、、など大きい荷物・取扱注意物があるならば単身サービスでなく、アート、サカイ、コスコス引越、天草引越など引越し専門業者に頼んだ方が安い傾向があるのです。

 

コンテナが良い、トラックが良いと言った基準はありません。
引越業者の都合(空き状況)で安い見積もりが出てきます。

 

安い見積もりを知るために一括見積を取って、費用の平均値・相場を知ることが大事なのです。

 

 

同一距離、同一荷物量でも料金は違う

 

同じ距離や同じ荷物量でも引越料金は同じにはなりません。
距離や荷物量は引越料金を計算する上で一番重要な条件ですが、
それ以外に重要な条件で引越料金が決まるのです。

 

・旧居、新居のフロア階数
・エレベーターがあるかないか
・建物の横の道にトラックが停められるかどうか
・家具には高価なものが多いか
・テーブルや家具にガラスが多い
・引越し業者の空き具合

 

 

たとえば、距離が短くて荷物が少なくても、上層階の部屋への引越しで、その部屋までにその階までエレベーターがない引越と、
同じ距離同じ荷物でも部屋が1階の引越しでは、1階の方が引越料金は安くなります。
つまり、距離や荷物量で引越料金を比較するのはムリなんですね。

 

同じ距離でも、空きがある引越し業者たまたまキャンセルが入った引越し業者に連絡したら値引きしてもらえるでしょう。
忙しい業者に連絡しても引き受けてもらえないとか、高い見積もりを出されます。

 

一番間違いなく正確なのは、自分の条件を一括見積サイトに入力して査定してもらうことです。
そして、部屋を実際に見てもらって最終見積もり額を算定してもらうことです。
私の査定額は、最高見積額と最低見積額では1万5000円も違っていました。

 

「この時期、私の荷物量だとこのくらいが相場なんだな」と相場が分かってくると、業者と交渉しやすいです。

 

相場を知らず、やみくもに「割り引いてください」だと、「(面倒くさい客だなあ。)10%割り引きます。これ以上は値引きできません!」と適当なことを言われます。

 

相場を知っていれば交渉しなくてもこれ、コスコス引越センターとキタザワ引越センターの見積書なんですけど、、、」と引越業者に見せれば、それをベースに安い見積もりを提示してくるでしょう。

 

キタザワ引越センター

 

「ウチはこの金額ではできません」と言われることもあるでしょう。ですが、営業からしつこく食い下がられることはなくなり、心労がなくなります。

 

私の場合は、近距離だったので割引額は1万5000円でした。
札幌→東京、横浜→福岡のような遠距離となると、値引きの幅がもっと大きくなります。

 

40%値引きとすると、基本料金15万円と6万円の場合とでは値引き額が違ってきます。

 

単身パックが使えるか?の確認と、引越し業者の費用そのものを比較するために、一括見積もりを取ることをおすすめします。

 

荷物を減らせば、金額は下がる

 

一人暮らしと言えば、部屋は1ルームか広くても1DK1LDK程度です。見積もりはある程度の金額に絞れるはずです。
一人暮らしの人は使わない趣味の品も多くて、たくさん捨てられる物もあります。
女性の場合、着ない服も多いはずです。

 

 

例えば、本ですと、バリューブックスがあります。

 

本を売る

 

本は重たいです。ゴミに出すのも雑誌、本を持って行ってくれる日を狙わないといけません。
このように売るならば、宅急便に持って行ってもらえばいいだけなので、とても楽です。

 

バリューブックスに売るのはとても便利です。42点も処分して、3,719円になりました!
ゴミに出していたら0円ですからね!

 

 

女性スタッフに来てもらうこともできる

 

女性スタッフに作業してもらうこともできます。
対応できる業者の場合、その営業所に女性スタッフがいます。
いないなら近くの営業所から手配してくれます。

 

女性一人暮らしの場合、スタッフ3人中、女性スタッフ2人にすることもできます。
アート引越しセンターは特に女性スタッフの要望に応えてくれます。
女性スタッフでも重い家具を運んでくれます。
タンスや机を養生じゅうたんの上に乗せて引きずるので、女性でもできます。

 

詳細はこちらのページに書きましたが、女性スタッフの人数が少ないので、見積もりを取る段階で「女性スタッフを含んでほしい」旨書いておいた方が良いです。

 

⇒ ⇒ 『引越費用を安くする方法』 に移動する


TOPに戻る 急な引越し業者を見つける おまかせパック 女性単身引越し費用相場 盗聴器発見サービス