引越費用を安くする部屋選び

引越費用をムダに高くしない方法は、新居選びから始まっています。

 

引越費用は、距離や荷物量だけでは決まりません。
距離が遠く、荷物量が多くても、近くて量が少ない引越よりも安くなることがよくあるんです。

 

それは、今住んでいる部屋や新居の状態がおおきな要因になっているんです。
引越作業に来てくれた女性スタッフさんに教えてもらったことですが、引越し料金の計算は荷物や距離などの基本条件と建物の条件で決まるんだそうです。

 

 

 

荷物や距離は仕方ないとしても、
・旧居、新居のフロア階数
・エレベーターがあるかないか
・建物の横の道にトラックが停められるかどうか
・家具には高価なものが多いか
・テーブルや家具にガラスが多い
・ペットも同じトラックで搬送
・マイカーの移送

 

これらのことを考えて、新居の部屋探しはムダに引越費用を高くするようなことがないように注意したいものです。


 

 

引越しスタッフの人件費が高くつく条件

引越しスタッフ、人夫さんの人数や作業時間が料金計算でカウントされます。
上層階の部屋だと玄関からトラックまで距離が長くなるため、同じ荷物量でも1階の部屋と比べて時間がかかります。
短時間で済ませたい引越業者としては、時間短縮のため人数を増やします。

 

上階の部屋でエレベーターがないと、階段を使って荷物を運びますから、体力のあるスタッフをシフトしなければなりません。
そういうスタッフさんはアルバイトに少ないし、引越業者の中でも引く手あまたで、人件費として高くつきます。

 

また、階段を使って運んでいるとき、家具に傷をつけないように気を使います。
そのため、時間が長時間になるというリスクも引越料金に加算されるのです。

 

 

立地条件でも高くつく

引越業者は作業時間を短時間に終わらせて、その日の引越し件数を多くこなしたいと考えます。
それができなくなる引越しは料金が高くなるんです。

 

部屋に隣接する道路がトラックが停められないとき、料金が加算されます。
トラックが停められる場所から建物まで遠ければ遠いほど、料金が高くなります。

 

スタッフさんが運べる程度の距離ならスタッフさんの人件費のカウントだけになります。
しかし、軽トラックに積み替えて運んだ方が効率的な場合は、軽トラックとドライバーを手配しなければなりません。
この費用は大きいですよね。

 

 

高価な家具やガラス製品が多い場合

普通、引越料金には保険費用が組み込まれています。
高価な家具も基本料金で保険の対象になっていますが、実地査定にきた担当者が必要だと考えたら、基本料金にさらに保険料を上乗せすることがあります。
とうぜんその費用は引越費用が高くなる要因です。

 

さらに、高価な家具やガラス製品が多いと、運び出しや新居での運び入れの際に慎重になります。
その分作業時間が長くなる可能性があるので、引越し時間を短くしたい引越業者は人数を増やします。
増員されたこのスタッフの人件費が引越費用に上乗せされます。

 

 

ペットの引越し

猫や小型犬のようなペットは自分と一緒に移動できますが、一緒に移動できない大型犬や水槽の魚などは引越業者にお願いすることになります。
また、鳥かごの鳥の中にはトラックに載せて移動すると、移動中に死ぬことが多い鳥もいます。

 

近くにペットショップがあれば、水槽や特殊なペットはそちらで移送を請け負ってくれることもありますが、そうでない場合、引越業者にお願いすることになります。
引越業者は外部委託することになり、これが意外に高いんです。

 

ペットとの愛着と引越料金との兼ね合いになりますが、引越料金を安くしたいと考えるなら、友人に譲るなどして引越しすることをおススメします。

 

 

マイカーの移送

東京から北海道や九州などのように長距離への引越しは、自分の車を運転して新居住地まで移動するのは大変です。
運転疲れにもかかわらず、到着したら荷物の運び入れをすることを考えたら、マイカーも引越業者に移送してもらった方が助かります。

 

このマイカー移送も追加料金としてはかなり負担になります。

 

 

部屋選びで引越費用をやすくする

このように、新しく住む部屋の選び方で引越費用は大きく変わってきます。
また、新居に持っていく高価な荷物、ペット、車の有無でも料金が変わります。

 

新居を選ぶ際は、このようなことも頭の片隅に置いて検討したいですね。

 

 

⇒ ⇒ 『午前と午後では引越料金が違う』 に移動する