引越会社のタイプで引越費用が変わる

引越会社の引越料金は陸運局の指導を受ける

引越料金については、引越業者を管轄する陸運局から一応の相場のようなガイドラインが出されています。しかし、それは荷物の輸送として計算された金額で、最低ラインを示した金額です。

 

最低金額を示したものなので、それ以上に設定すればいいのですから、引越費用は相場があるようで、ホントは決まった金額はありません。
陸運局のようなガイドラインに従って引越費用を計算している業者は、日通やクロネコのような母体が運送会社が多いように感じます。

 

いっぽう、引越しを荷物の輸送とは考えないで、引越しをサービスの一環と考えるグループがあります。アート引越が有名ですよね。
このような引越しを、サービスと考える引越会社の料金は各社まちまちです。
一応、運送会社の引越料金を参考にしてその料金に近い料金体系になっていますが、サービスという概念ですから、輸送会社の料金よりもやや高いというの実情です。

 

 

 

家具や電化製品、段ボール箱の引越しは輸送会社系

輸送会社から引越業務に進出してきた引越会社は、どちらかというと荷物の搬送を得意としています。基本的に、家具類を「荷物」と考える傾向にあるので、大きさ・重量・個数で引越料金を計算する特徴があります。

 

そのような考え方なので、デリケートな家具や荷物の取り扱いについては、乱暴に扱われる心配があります。

 

 

サービス系引越会社は引越しをサービスとして扱う

いっぽうで、アート引越のような引越会社は、引越しを荷物の輸送とは考えていません。旧居から新居まで、荷物が破損しないように、新居を傷付けないように、汚さないように細心の注意を払いながら、依頼主に引越しの不安を解消することに力がそそがれています。

 

いまでは当然のことになっていますが、スタッフさんが部屋に入る時に新品のソックスに履き替えるようにしたのも、サービスとして考える引越会社が最初です。

 

乳児を抱えて、急な引越しや限られた時間に引越荷物をまとめられない女性のために、らくらくパックを商品化したのもサービス系の引越会社です。

 

 

引越費用に相場がない理由

引越会社の考え方に大きな違いがあるために、引越にかかる費用は相場があるようでないというのが現実です。
つまり、引越料金は、輸送会社系の引越料金と引越しをサービスとして考えるサービス系の引越料金とに分かれます。

 

輸送系の引越料金は陸運局のガイドラインを前提にしていて各社似通った引越料金ですが、サービス系の引越料金は各社のサービスの特徴を前提にした引越料金になっていて、各社一定ではありません。

 

このような違いを理解しておくと、自分の引越しをどこの会社に依頼したら自分が希望する引越しをしてもらえるか、どこの引越会社なら費用を安くできるか、判断しやすくなりますね。

 

 

⇒ ⇒ 『時期と曜日で引越費用を安くする』 に移動する