ベッド、マットレスを処分・捨てる

引越しでベッド、マットレスを処分・捨てる

引っ越しの際、ベッド、マットレス、掛布団を処分する際の料金、方法をお知らせします。
東京都港区に持って行ってもらいました。

 

 

 

1.いくらかかったか?

 

1つ1つに有料粗大ごみ処理券を貼ります。
ベッド、マットレス、布団を捨てる場合は3点です。

 

マットレスは有料ごみ処理券B券(300円)×4枚=1200円でした。
引越しでベッド、マットレスを処分・捨てる

 

引越しでベッド、マットレスを処分・捨てる

 

 

掛布団は、有料ごみ処理券B券(300円)×2枚=600円でした。
引越しでベッド、マットレスを処分・捨てる

 

 

ベッドも捨てる場合は、

ベッドマット

1,200円

シングルベッド(ベッドマット除く)

1,200円

セミダブルベッド(ベッドマット除く)

2,000円

ダブルベッド(ベッドマット除く)

2,000円

二段ベッド

2,400円

です。

 

横浜市はベッド(枠のみ)1000円。ベッドマットレス(スプリング無し)1000円。
大阪市はベッド本体(マットレス除く)1000円。

 

 

2.有料ごみ処理券はどこで買えるか?

 

東京都港区ですと、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどコンビニエンスストア
ビックカメラ赤坂見附駅店、京急ストア新橋店、カプセルイン浜松町、サンドラッグCVS虎ノ門店などが取り扱っています。

 

大阪市はコンビニエンスストア、スーパーマーケット、郵便局で粗大ごみ処理手数料券が買えます。

 

福岡市も市内のコンビニエンスストア、市・区役所売店で処理券を買えます。

 

 

3.どのように申し込むか・捨て方

 

(1)電話またはインターネットで申し込み(東京都港区だと粗大ごみ受付センター 電話番号:03-5296-7000)

 

(2)港区の粗大ごみ処理券を購入、名前を書く

 

(3)粗大ごみ処理券を貼って、指定場所に出す

 

粗大ごみ処理券を買って、マットレスに貼ります。所定場所に自分で持って行きます。
大型寝具を捨てるにはお金がかかりますが持って行ってもらえるのはありがたいです。

 

 

4.処分が面倒な場合、引越し業者に頼める

 

・急いで引越し準備をしなくてはならず時間がない
・そもそも処分券を買ったりするのが面倒な場合
不用品処分を引越し業者に頼むことができます。

 

ここにチェックを入れて一括見積りに申し込めば、ベッド、マットレス処分を引越し業者にやってもらえます。
引越しでベッド、マットレスを処分・捨てる

 

手間と時間が大幅に減らせます。ベッドの処分を任せられるのも引越し業者を使うメリットの1つです。

 

ベッドを運ぶにせよ、処分してもらうにせよ、引越し業者に頼む際、確認しておいたほうが良いのは、解体・組み立てもやってほしい場合、解体、組み立て料金がいくらかも見積もりに入れてもらうことです。

 

解体、組み立ては意外と面倒くさいですよ。

 

 

引越しでソファーを捨てる のページに進む

引越しでベッド、マットレスを処分・捨てる関連ページ

ソファーを処分・捨てる
引越しでソファーを処分しました。インターネットで申し込みし、ファミリーマートで有料粗大ごみ処理券を購入。指定場所に持って行き、ソファーを処分しました。
スーツケースを処分
引越しの際、使っていないスーツケースを処分しました。捨てるのにいくらかかったか?処分の申し込み方法をお知らせします。
電子レンジを廃棄・捨てる
電子レンジは捨てるにも重たいです。自治体の粗大ごみ処理券シールを貼って捨てる必要があります。その捨て方をお知らせします。
引越しで炊飯器(ジャー)を処分・捨てる
引越しで炊飯器を捨てた時のことです。有料粗大ごみ処理券B1枚(300円)で処分できました。
引越しでプリンターを捨てる・処分
引越しの際にプリンターを粗大ごみに出す方法をお知らせします。プリンターは燃えないごみに出すのではなく、粗大ごみ処理券を買って、自治体に持って行ってもらいます。その手続きが面倒な場合の方法も書いています。

TOPに戻る 急な引越し業者を見つける おまかせパック 女性単身引越し費用相場 盗聴器発見サービス