引越しにおける住民票や社会保険の住所変更

引越しにおける住民票や社会保険、郵便物転送届け

電話で停止や変更手続きできないのは
住民票の転出届けや社会保険のような公共機関の住所変更です。

 

 

実際に窓口に出向かなければなりません。
明日や明後日引越するというような急な引越しでは大変です。
ちゃんと時間設定して行動しないと受付時間を超えてから
窓口に出向いてしまっては二度手間ですので注意が必要です。

 

 

お仕事されていて、引越し当日まで昼間の時間帯外出できない時は、

・昼の休憩時間に役所に行くか。
・それがムリなときは会社に申し出て、有給休暇をもらうか早退

して、役所や社会保険関係の手続を短時間で終わるようにしたいものです。

 

 

ホントは引越し1週間前ぐらいからやっておきたいこと

・住民票の転出届け
・国民年金と国民健康保険手続き
・郵便物の転送届提出

 

 

住民票の転出届け

引越しで一番大事な届け出が住民票の転出です。
引越先の住所を記入しなければならないので新住所を控えて行くようにしましょう。
用紙には印鑑を押捺しなければなりません。
シャチハタは認められない役所が普通なので、100均の印鑑でいいので朱肉が必要な印鑑を持参しましょう。

 

転出届が受理されると転出証明が発行されます。
これは新住所の役所に転入届けを出するときに必要になります。

 

 

国民年金と国民健康保険手続き

 

ずっと前までは、住民票の転出届は市役所で国民年金を、
国民健康保険関係は社会保険事務所でと、
手続き場所が分かれていましたが、
今では住民票関係と国民年金・国民健康保険関係の手続が同時にできます。

 

国民年金は「住所変更」で、年金手帳、印鑑、転出証明が必要です。

 

国民健康保険は「資格喪失手続き」で、国民健康保険証、印鑑、転出証明が必要です。

 

まとめ:年金手帳、国民健康保険証、印鑑、転出証明が必要。

 

 

郵便物の転送届提出

郵便物を新住所に配達してもらえるように、
郵便局に「転送届」を出します。
書類は郵便局に備え付けらていて、窓口に申し出ればもらえます。

 

転送届に氏名、現住所、新住所、転送開始希望日など必要事項を記入して、
窓口に提出するか、または郵便ポストに投函すれば、
希望の日から新住所に郵便物が配達されます。

 

必要な物:運転免許証(パスポート)

 

転送される期間は1年間です。一年を超えると転送されずに旧住所に配達されますので注意が必要です。

 

中には、クレジットカードのような重要な郵送物の中には「転送不要」郵便物があります。
このように転送届の効果が効かず、発送人に返送されるものもあります。
クレジットカードのようなお金に関するものは住所変更しておきましょう。

 

 

⇒ ⇒ 『引越し前日にしておきたいこと』 に移動する

@ズバット引越し

A引越しの達人

B引越し価格ガイド

ずばっと

早く対応してくれる引越し業者が見つかる決定版!時間がない、2箇所に寄りたい、午前中に来て欲しいなど要望がある急ぎの引越しでも対応できることが多いです。急遽引越し、今日、明日に引越し作業をするなら、まずここに申し込むのが良いです。

達人

有名な引越しの達人!満足度が高い引越し業者を中心に案内してくれます。急いでいる場合にも重宝します。引越しの達人も評判が良いです。ここだと費用が55%オフになることもあります。見積もりを取ってみることをおすすめします。

Homes

引越し料金が半額くらいに安くなることも!名の知れている引越し業者が登録されています。急いでいても丁寧な引越しができるので安心です。即日引越し対応できる引越し会社も多く登録されているので見積もりを取ってみる価値アリ!
急な引越し即日〜急遽・すぐに引っ越したい対応できる引越し業者 TOPページに戻る

TOPに戻る 急な引越し業者を見つける おまかせパック 女性単身引越し費用相場 盗聴器発見サービス