急な引越しにはおまかせパックがラク

おまかせパック〜全部やってもらう引越し

 

「おまかせパック」というのは、
 引越しに必要な段ボール箱や
 ビニールひも、ガムテープなどから
 段ボールへの箱詰めや食器や衣類、家電の荷造りまで
 全部、引越業者さんがやってくれることよ」

 

つまり、依頼人はなにもしなくていいんだそうです。
荷造りスタッフさんから質問や指示を依頼されたらそれに答えるだけでいいんだとか。

 

「でも、それって高いんでしょう?」

 

「向うは何人ものスタッフさんが来てやるんだよ
 あなた一人じゃ1週間かかるのを3時間ぐらいでやってくれるの」

 

「それに経験が多いから手慣れたもので
 梱包なんか簡単にやってくれるよ
 それを見てたら頼もしくなるよ」

 

最後に姉が、とにかく荷造り時間は今夜と明日しかないんだから
大勢で荷造りしてくれることを優先した方がいいんじゃないといった言葉、
引越し当日に強烈に実感しました。

 

ホント、おまかせパックにしてよかったです。あんなに多くの荷物がわずかな時間で片付くんですから。

 

 

女性スタッフを指定

来てくれたスタッフさんは女性でした。
こちらから指定しました。これも姉のアドバイスです。

 

女性にしてよかった!
だって下着や衣類を男性の手で触れるのはちょっとイヤですよね。
それにコスメ関係も女性の方がまとめ方やどのように箱詰めしたらあとで便利かとかわかってくれているので、もし、おまかせパックでスタッフさんの希望を聞いてもらえるなら女性をお願いした方がいいです。

 

女性を指定する分、料金がアップするところもありますが、あとあと後悔したくないと思うのであれば女性指定をおススメします。

 

 

普通の引越しのスタートは資材集めから

スタッフさんが作業しやすいようにと、私は押し入れから荷物を取り出したり、家具類の電源を抜いてコードをまとめたりしながら、スタッフさんが女性という気安さからいろいろお話をさせてもらいました。

 

私はおまかせパックをお願いしたんですが、普通は段ボール箱やガムテープなどをそろえるところから引越しが始まるんだそうですね。

 

段ボール箱代が引越料金に組みこまれている業者あれば段ボールを1箱単位で販売するところもあるようです。

 

新品の段ボールを売るのが普通なんですが、前日までに引越して荷解きを終えた家の段ボールを回収して、それを無料で提供することもあるんだそうです。
その目的は、直接には引越費用を値引きはできないけど、本来有料の段ボール箱を無償提供してその分実質的な値下げにすることで引越の受注を取ることなんだそうです。

 

私の引越しでも、引越し3日後に無料で段ボール回収をするからと、特別サービスのようにいって契約を迫っていたけど、段ボール回収って、終えた人にもこれから引越する人にもどちらにも使ってるんですね。

 

 

世の中、いろいろ考えてるんだなぁとすごく勉強になりました。

 

 

そのとき、ガスの検査の人が来ました。
ガスの配管と元栓検査です。住民票や社会保険、郵便物転送届け

 

⇒ ⇒ 『ライフラインの使用停止と転居届け』 に移動する