電気・水道・ガス(ライフライン)の停止と新居での届け

ガス・水道・電気(ライフライン)の停止と新居での届け

急に引越しなければならなくった私は、
引越しを翌々日に決め、その前日に電気や水道、ガスなど
ライフラインの停止や転居届けをしました。

 

これも旦那さんの転勤で引越し経験豊富な姉のアドバイスです。

 

 

停止や届が必要なのは

 

ホントは、このようなライフラインの変更届は引越しの前日にするのではなく
少なくても7日前から行うのがベストです。

 

というのも、電話連絡だけで終わらず部屋の中に入ってきて
室内検査が必要なものもあるからです。

引越し当日までの期間に検査員の立会い都合が調整できなくては話になりません。

 

急遽引っ越しになった場合は7日前など言っていられないので、なるべく早く連絡を(電話するだけです)。

 

ガスの停止と転居先でガスを開ける

ガスの停止届けはちょっと面倒です。
停止するために、部屋に入ってきて配管のキズや故障、破損などを確認していきます。
その時間は部屋にいて 立ち会わなければなりません。

 

 

ガス業者の担当さんの都合もあり
こちらの都合だけでは立会時間を決められないこともあります。
ライフラインの手続をする時は、ガスの停止を最優先にすることをおススメします。

 

停止とガス室内検査日時調整は、電話でできます。
毎月、メーターをチェックした際に残していく検査報告書や
引き落とし明細書に記載されている電話番号に引越しすることを伝えると、
配管確認の日程を調整してくれます。

 

転居先でガスを使う場合は、
ガス会社に来てもらいガスを使えるようにしてもらう必要があります。
立会い日時を決める必要があります。

 

なお、オール電化の場合、ガスの手続きは不要です。

 

 

水道の停止

 

電話するだけです。立ち合い必要なしです。

 

水道の停止は屋内でのチェックはありません。
水道局の人が屋外の工事と水道メーターをチェックするだけです。

 

停止手続きは、電話でできます。
毎月、メーターをチェックした際に残していく検査報告書
引き落とし明細書領収書に記載されている電話番号に引越しすることを伝えると、
停止手続きをしてくれます。

 

気をつけておきたいのは、指定日に水道が止まりますので、
それまでに水を使うことは終わらせておくことです。

 

わたしの場合は、急だったので問題ありませんでしたが、
よくあるのが引越で荷物を運び出した後に
部屋をゾウキン掛けしようとして
水が出ずに掃除できずに困る人が多いということです。

 

こんなことを考えて、水道の停止は引越しの翌日にしておくといいです。

 

 

新居での水道使用開始の連絡もしておきましょう。同一市内・県内なら電話一本で済みます。
遠距離(札幌から福岡に引越す場合など)の場合は、それぞれの水道局に連絡する必要があります。

 

 

※最近は水道自体は止まらず、メーターだけ止める家もあります。
料金誤差がある場合は、後で家主から請求が行くことになるでしょう。
新居で水が出ない場合はバルブ(栓)を開ければ使える場合があります。
その際はいつから使ったかを後で水道局に知らせることになります。

 

電気の停止

電気の停止も、電話連絡で停止手続きをしてくれます。
電力会社が管轄する地域内の引越し場合は、
新住所も聞かれますので新住所の控えを準備しておくと便利です。

 

※実家に帰る場合は、解約するだけです。
新住所は不要です。
その辺は電力会社も分かっています。

 

屋内での工事やチェックはありません。
水道と同じように、指定した日に電気が使えなくなりますので注意が必要です。
荷物を運び出した後、
部屋の掃除に掃除機を使うことができなくて困ることがないように、電気停止は引越しの翌日にした方がいいです。

 

※電気使用日の最後の日を電力会社に伝えても、
電気がストップするわけではなく、使えることも多いです。

電気使用最後の日を伝え忘れると、その後の電気料金が請求されることもあります。家主・次の入居者が電気使用の届けをしてくれれば問題ないですが。

 

 

固定電話の移転、休止

固定電話は、NTT116番に電話して引越しのための移転、休止を伝えます。
わたしの場合、引越先が自分の部屋でなく合宿なので休止になりました。
休止の手続について、詳しく教えてくれました。
といっても特別なことをするのではなくて、
その時の電話で全部完結しました。

 

携帯電話は、特別な手続きはありません。
携帯電話会社に住所変更だけ伝えておきましょう。

 

 

光回線インターネット接続回線

 

インターネット回線は、引越し当日までに機器類を引き取りに来ます。
なので、ガスと同じくらいに優先して日時を決めるようにしておきましょう。

 

電話して日時を決めることで特別な手続は必要ありません。

 

 

ただし、光回線は通常2年契約で自動更新です。
1年の期間内に契約解除すると、1年までの残りの期間が違約期間として、
利用料金のほかに違約料金を引き落とし口座から引き落としされるので注意が必要です。

 

通常の引越しであればその旨伝えれば問題ありません。
回線会社がやってくれます。引越しはよくあることですからね。

 

 

⇒ ⇒ 『住民票や社会保険、郵便物転送届け』 に移動する

@ズバット引越し

A引越しの達人

B引越し価格ガイド

ずばっと

早く対応してくれる引越し業者が見つかる決定版!時間がない、2箇所に寄りたい、午前中に来て欲しいなど要望がある急ぎの引越しでも対応できることが多いです。急遽引越し、今日、明日に引越し作業をするなら、まずここに申し込むのが良いです。

達人

有名な引越しの達人!満足度が高い引越し業者を中心に案内してくれます。急いでいる場合にも重宝します。引越しの達人も評判が良いです。ここだと費用が55%オフになることもあります。見積もりを取ってみることをおすすめします。

Homes

引越し料金が半額くらいに安くなることも!名の知れている引越し業者が登録されています。急いでいても丁寧な引越しができるので安心です。即日引越し対応できる引越し会社も多く登録されているので見積もりを取ってみる価値アリ!
急な引越し即日〜急遽・すぐに引っ越したい対応できる引越し業者 TOPページに戻る

TOPに戻る 急な引越し業者を見つける おまかせパック 女性単身引越し費用相場 盗聴器発見サービス