単身引越し費用相場(女性一人暮らしの引越しをやりました)

単身引越し費用相場(女性一人暮らしの引越しをやりました)

一人暮らしの引越し料金の相場は大体いくらでしょうか?

 

引越し単身費用はいくら?

 

わたしも5社の見積もりを受取った後、1社に決めるまでの短い時間でいろいろなサイトを見て調べました。、どうも相場がはっきりしないことに気づきました。
1つの引越業者で調べても、同じ距離でも料金が違うし、同じ荷物量でも料金はバラバラです。

 

1人住まいの引越し費用は大体この金額です。

 

 

市内確定料金

県内確定料金

県外(引越先距離料金)

プチ引越 小

10,800円〜25,000円

19,900円〜30,000円

22,000円〜40,000円

普通引越 中

19,400円〜30,000円

25,000円〜35,000円

45,000円〜80,000円

荷物多い引越 大

33,000円〜50,000円

45,000円〜10万円

80,000円〜30万円

 

プチ引越 小

ベッド、小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、電子レンジ、炊飯器、衣装ケース3、段ボール10、カラーボックス2

普通引越 中

ベッド、小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、電子レンジ、炊飯器、衣装ケース5、ダンボール20、自転車

荷物多い引越 大

ベッド、小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、テレビ台、電子レンジ、炊飯器、ダイニングテーブル、椅子、一般家財、プリンター、デスクトップ、カーペット、カーテン、ソファー、風呂ふた、バイク

 

単身引越しは荷物が少なくて軽量だし、引っ越し業者にしてみると融通が利きます。
単身プランか通常の引越しか、引越屋に対応してもらえる方を選択してもらえばいいわけですし。
トラック到着の時間を午前希望だったとしても、午後にしたら1万円下がるとしたら単身の場合OKしますよね。
これが妊婦がいる4人家族だったら難しいですけど。
引っ越し業者の要望・都合を飲むと安くなることはよくあります。金額はその時によって違うんですよね。

 

アート引越センターは満杯でも日通は空いてる、なんてこともよくある。そうなると、日通に頼めば安いわけです。この場合、アート引越センターに無理に頼むと、断られるか高い金額で請け負ってくれることになります。
どこでもいいから安い引越屋に頼みたいですよね。

 

ファミリー引越センター

 

だから、引越しをする時はいくつかの引越業者から見積もりをもらって、
比較検討して決めることが重要になってきます。

 

忙しい引っ越し業者はむしろ断ってもらった方がいいくらいです。高い値段で運んでもらうより、安い見積もりを出してくれる引っ越し業者に頼めば私たちとしても助かります。

 

一人暮らしと言えば、部屋は1ルームか広くても1DK1LDK程度である程度の金額に絞れるはずです。
一人暮らしはもう使わない趣味の品も多くて、たくさん捨てられる物もありそうです。
女性の場合、着ない服も多いはずです。

 

 

同一距離、同一荷物量でも料金は変わる

引越料金は、同じ距離や同じ荷物量でも引越料金は同じにはなりません。
距離や荷物量は引越料金を計算する上で一番重要な条件ですが、
それ以外に重要な条件で引越料金が決まるのです。

 

たとえば

・旧居、新居のフロア階数
・エレベーターがあるかないか
・建物の横の道にトラックが停められるかどうか
・家具には高価なものが多いか
・テーブルや家具にガラスが多い

 

 

たとえば、距離が短くて、荷物が少なくても、上層階の部屋への引越しで、その部屋までにその階までエレベーターがない引越と、
同じ距離同じ荷物でも部屋が1階の引越しでは、1階の方が引越料金は安くなります。
つまり、距離や荷物量で引越料金を比較するのはムリなんですね。

 

同じ距離でも、空きがある引越し業者たまたまキャンセルが入った引越し業者に連絡したら値引きしてもらえるでしょう。
忙しい業者に連絡しても引き受けてもらえないとか、高い見積もりを出されます。

 

一番間違いなく正確なのは、自分の条件を一括見積サイトに入力して査定してもらうことです。
そして、部屋を実際に見てもらって最終見積もり額を算定してもらうことです。

 

わたしの査定額は、最高見積額と最低見積額では1万5000円も違っていました。

 

私の場合、それほど遠くなかったので1万5000円でしたが、
札幌→東京、横浜→福岡みたいな遠距離となると、基本料金が15万円だったりするわけで値引きの幅がもっと大きくなります。
40%値引きの場合、15万円の場合と、6万円の場合とでは値引き額が違ってきます。

 

一括見積もりは無料ですし取ってみない手はありません。

 

⇒ ⇒ 『引越費用を安くする方法』 に移動する

@ズバット引越し

A引越しの達人

B引越し価格ガイド

ずばっと

早く対応してくれる引越し業者が見つかる決定版!時間がない、2箇所に寄りたい、午前中に来て欲しいなど要望がある急ぎの引越しでも対応できることが多いです。急遽引越し、今日、明日に引越し作業をするなら、まずここに申し込むのが良いです。

達人

有名な引越しの達人!満足度が高い引越し業者を中心に案内してくれます。急いでいる場合にも重宝します。引越しの達人も評判が良いです。ここだと費用が55%オフになることもあります。見積もりを取ってみることをおすすめします。

Homes

引越し料金が半額くらいに安くなることも!名の知れている引越し業者が登録されています。急いでいても丁寧な引越しができるので安心です。即日引越し対応できる引越し会社も多く登録されているので見積もりを取ってみる価値アリ!
急な引越し即日〜急遽・すぐに引っ越したい対応できる引越し業者 TOPページに戻る

TOPに戻る 急な引越し業者を見つける おまかせパック 女性単身引越し費用相場 盗聴器発見サービス