女性単身引越し費用相場

女性一人暮らしの引越し料金の相場というのはありそうでないというのが実情です。

 

 

わたしも5社の見積もりを受取ったあと、1社に決めるまでの短い時間でいろいろなサイトを見て調べましたが、相場というのはありません。
1つの引越業者で調べても、同じ距離でも料金が違うし、同じ荷物量でも料金はバラバラです。

 

なので、引越しをする時はいくつかの引越業者から見積もりをもらって、比較検討して決めることが重要になってきます。

 

 

 

そうは言っても、女性一人暮らしといえば、部屋は1ルームか広くても1Dや1L程度である程度の金額に絞れるはずです。

 

わたしが短い時間で調べたサイトで、一人暮らし女性の引越し平均費用は以下のようになりました。

 

  市内確定料金 県内確定料金 県外(引越先距離料金)
プチ引越 小

10,800円〜

19,900円〜

19,900円〜

普通引越 中

19,400円〜

25,000円〜

25,000円〜

メガ引越 大

33,000円〜

40,000円〜

40,000円〜

 

プチ引越 小 小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、電子レンジ、炊飯器、衣装ケース3、段ボール10、カラーボックス2
普通引越 中 小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、電子レンジ、炊飯器、衣装ケース5、ダンボール20、自転車
メガ引越 大 小型冷蔵庫、小型洗濯機、テレビ、電子レンジ、炊飯器、一般家財、バイク

 

 

同一距離、同一荷物量でも料金は変わる

引越料金は、同じ距離や同じ荷物量でも引越料金は同じにはなりません。
距離や荷物量は引越料金を計算するうえで一番重要な条件ですが、それ以外に重要な条件で引越料金が決まるのです。

 

たとえば
・旧居、新居のフロア階数
・エレベーターがあるかないか
・建物の横の道にトラックが停められるかどうか
・家具には高価なものが多いか
・テーブルや家具にガラスが多い
・ペットも同じトラックで搬送

 

 

たとえば、距離が短くて、荷物が少なくても、上層階の部屋への引越しで、その部屋までにその階までエレベーターがない引越と、同じ距離同じ荷物でも部屋が1階の引越しでは、1階の方が引越料金は少なくなります。
つまり、距離や荷物量で引越料金を比較するのはムリなんですね。

 

いちばん間違いなく正確なのは、自分の条件を一括見積サイトに入力して査定してもらうことです。
そして、部屋を実際に見てもらって最終見積もり額を算定してもらうことです。

 

わたしの査定額は、最高見積額と最低見積額では1万5000円も違っていました。

 

 

⇒ ⇒ 『引越費用を安くする方法』 に移動する