時期と曜日で引越費用を安くする

引越費用に相場がない理由のなかで一番大きな理由は「引越時期」です。

 

 

通常期と繁忙期

引越しは、新年度や新学期の時期が一番混み合います。
わたしの引越し作業をしてくれた女性スタッフさんの話しでは、繁忙期には引越しを依頼されてもお断りすることも多いんだそうです。

 

引越しはトラックの稼働をスケジュールして引越しの依頼を受けます。
短距離の引越しが多い日には1日に3つ、4つの引越しを組み込むのが普通ですが、
1日にこなせる引越しはそれが限界です。それを超える引越の依頼は断らざるを得ないというのが実情です。

 

 

繁忙期のスタッフ確保のため人件費が高くなる

 

引越し作業の生命線は、スタッフさんの確保です。
1日に3つ、4つの引越しを組み込まるようでは忙しすぎてスタッフさんが渋り、引き受けてくれないというリスクがあります。

 

 

また、この時期は引越会社の社員だけではとうてい人数不足になり、アルバイトを大量に雇います。
彼らには通常時期よりも長時間、過酷な力仕事を要求することになります。
このような理由でアルバイトスタッフへ支払う人件費が高くならざるを得ないのです。


 

 

平日と土日・祝日

繁忙期と同じような理由で土日と祝日は引越費用が高くなります。
繁忙期と土日が重なる日は、料金が2割増から3割増しになることもあります。

 

とくに春休み期間中は料金が高いという金銭的な不利なこと以前に、引越の予約がしづらいという問題があります。
この時期に急な引越しをすると、料金が高いこと、引越しを引き受けてくれる業者が少ないことを覚悟しておいた方といいですね。

 

 

時期と曜日を選べば引越費用は安くなる

引越費用を安くするには繁忙期を避けて通常期に、週末の土日や祝日を避けて平日に引越しすることで費用を安くすることができます。
でも、これは急に引越ししなければならないときには無理ですよね。

 

引越し時期を優先するか、金額を優先するか、それぞれの引越し事情によっては選択の余地はないこともありますよね。