家電配線接続サービス

 

女性スタッフさんの話しでは、女性単身の引越しのサービスでは家電の配線サービスが人気だそうです。
たしかに、言われてみればそうですよね。

 

配線したケーブルを外すとき、しっかり覚えたつもりでも忘れてしまいますし、いざ接続しようとすると、何をどこに接続すればいいのかわからなくなります。

 

とくにテレビとビデオデッキ、パソコンの配線などは頭がこんがらがります。
電源を入れて映らなかったり、起動しなかったら心が折れちゃいます。

 

 

また、女性は洗濯機の排水ホースの設置も苦手です。
アースとかを設置しないといけないんですが、わたしがやるとすぐに外れちゃいます。
だいたい、どこに付ければいいのかわからず、結局そのままになってたり…。

 

こんなとき、有料でもいいからだれか分かる人にきちんとやってほしいと思いますよね。でも、新居がある初めての地域だと、電気屋さんがどこなるかわからないし、出張サービスしてくれるかどうかも分かりません。

 

こんな女性の不安と不便を解消するサービスとして接続・配線サービスが生まれました。

 

 

 

オプションで別料金になります。

接続機器によって料金がちがってきますが、テレビ、DVD、PC、冷蔵庫、洗濯機程度なら5000円〜7000円です。

 

最初から引越料金に含めて、見積金額に織り込み済みの引越業者もありますが、引越料金とは別料金で見積もりを出し、引越しを契約することを条件にこの金額を値引きして実質無料にするというケースもあります。

 

有料金額を見積りしてきた業者には、無料の業者の見積書を見せて値引き交渉をすると聞き入れてもらえるかもしれません。

 

 

ケーブル接続、配線は外部業者委託のケースが多い

有料であっても、無料であっても、引越しスタッフさんが引越しの最中にやってくれるものでありません。
専門業者に委託するのが一般的です。

 

引越しスタッフに電気関係の資格を有したスタッフがいれば、その場で処理してくれますが、そのようなスタッフがいない場合がほとんどで、そのときは外部に委託するため、引越し荷物が運び込まれたあとに設置作業するように時間指定します。

 

このため、荷物の運び込みが完了し、引越業者さんが帰ってあと時間を置いて電気業者さんがやってきます。
引越しが完了したあとすぐに外出できないため、この点、注意しておく必要があります。

 

 

⇒ ⇒ 『盗聴器発見サービス』 に移動する